fc2ブログ

新富町駅周辺の神社

 前回は日本橋にあるお稲荷様を紹介しましたが、今回は地下鉄有楽町線の新富町駅周辺のお稲荷様を紹介します。

IMG_0245.jpg

 まずは新富町駅から歩いて10分。住所でいえば中央区八重洲にある伏見稲荷神社です。
 江戸時代の文政年間(1818年~1830年)の創建されたそうです。黒を基調としたビルに囲まれているせいか鳥居の朱色がより鮮やかに見えます。この神社の裏手は銀座のせいか洗練された艶やかさが魅力的なお稲荷様でした。

IMG_0241.jpg

 先ほどの神社から歩いて5分の場所にある安平神社です。
 江戸時代には新庄美濃守という武士(大名か旗本か不明)の屋敷神として祀られていましたが、 明治時代は料亭となりました。その際、安平神社と名づけられ料亭内の庭園に祀られたものです。

IMG_0242.jpg

 現在はマンションの敷地内にあります。何度も再開発されましたが廃れることなく祀られ続けているお稲荷様です。 
 住所でいえば銀座1丁目。銀座でもこのあたりはマンションが増えていますが、意外なことにこち亀の初期の頃のような昭和な雰囲気もあります。

IMG_0243.jpg

 安平神社のすぐそばは首都高速です。半地下のため橋を渡るとたもとに中国風の石の楼閣がありました。

IMG_0244.jpg

 この楼閣の正面にあるのが新富復興稲荷神社です。創建時期は不明ですが関東大震災からの復興を祈願して創建されてらしいです。都心のお稲荷様は再開発により綺麗に整備される一方で整備されても規模が小さくなり例もあります。このお稲荷様は後者の例です。

IMG_0251.jpg

 最後に新富稲荷神社です。
 住所でいえば新富町2丁目です。この地域は明治維新の頃は遊郭があり芝居小屋も多かったそうです。現在はここは中央区?といいたくなるような庶民的な街です。
 今回、会社の近くということで昼休みを利用してのお参りでしたが、この地区は銀座の隣としては庶民的な街であることを初めて知りました。例のあれが収まったらじっくり街歩きしたいです。

九品仏浄真寺 世田谷区奥沢

自粛要請が解除され始めているとはいえ、個人的には出勤以外は電車の乗っての外出はまだ憚りたいところです。
 今月は寺社はしていません。そこで今回は過去記事の中からおすすめのお寺をお勧めしたいです。紹介するお寺は世田谷区にある浄真寺です。2016年5月の記事を一部再編集しています。

世田谷区のお寺といえば豪徳寺が有名ですが、こちらのお寺のほうが実は奈良、京都、鎌倉お寺並みに見どころ・いわれが多いです。

P1020429.jpg

 先ずは山門です。このお寺は緑豊かですが、門の外からでもそのことが分かります。

P1020430.jpg

 山門をくぐって右手にある閻魔堂です。このお寺は見るべき仏像が多いです。

P1020432.jpg

 参道は青モミジが鮮やかです。すがすがしい空気が満ちていました。お地蔵様のよだれかけの朱色と新緑の組み合わせが美しかったです。

P1020431.jpg

 堂々たる仁王門です。1793年に建立されました。都心部にも江戸時代に建てられた建造物はありますが、ビル・マンションに囲まれた風情にかける場合が多いですが、新緑に囲まれた仁王門は森の奥にある神木のような堂々さです。 

P1020433.jpg

 鐘楼です。。それは森の中で遊ぶ動物たちのように精緻な十二支の彫刻が施されています。

P1020434.jpg

 このお寺名物にして我が郷土の花である鷺草です。
 水辺に咲く可憐な花です。戦前まではそこらへんで咲いていたそうですが群生地は今ではないらしいです。このお寺は「奥沢」にあります。
 他にも駒沢、代沢、北沢etc旧地名に「松沢」などなど、世田谷区は「沢」と名の付く地名が多いです。それは水辺が多かったことを物語っています。お寺は地域の歴史を今に伝える場所であることを改めて認識しました。
 
鷺草

 九品仏浄真寺の伽藍は変わった配置です。山門を抜けて仁王門をくぐると正面は本堂ですが、こちらは山門をくぐって左折すると仁王門、仁王門をくぐって右に曲がると本堂という配置です。

P1020444.jpg

 本堂の脇にある枯山水です。都内には多くのお寺があるにも関わらず、枯山水の庭がありそれが公開されているお寺は珍しいです。

P1020445.jpg

 境内はさらに新緑が濃いです。秋は紅葉が見事と思われますが、個人的にはこのお寺は夏のイメージが強いです。

P1020442.jpg

 本堂です。ベルギーの画家、エミール・クラウスの作品の中に入り込んだように光と緑が調和した境内です。
 ちなみにこの銀杏は都の天然記念物です。
 
P1020436.jpg

 九品仏は見るべき仏像が多く、しかも拝観料なし!まずは釈迦牟尼如来です。左は「九品」(きゅうぼん)というゆるキャラです。

P1020439.jpg

  五劫思惟阿弥陀、通称「アフロ仏」です。都内ではこのお寺にしかいらっしゃりません。21億6千万年もどうやって人を救おうか考えている有難い仏さまです。なお、五劫思惟阿弥陀の御朱印を頂くこともできます。今回のお参りで初めて知りました。御朱印長を持参しなかったのが悔やまれます。

P1020441.jpg

 このお寺は、3つの阿弥陀堂に3体合計9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されているから「九品仏」と呼ばれています。9体のそれぞれ印相の異なった阿弥陀如来像が安置されてるお寺は他には京都の浄瑠璃寺のみらしいです。
 こちらは「上品上生」、「上品中生」、「上品下生」の印相です。
 さて、このお寺では「お面かぶり」と呼ばれる仏教行事あり、本堂と上品堂の間に渡された橋を菩薩の面をかぶった僧侶らが渡るというものです。このお寺の独特なレイアウトはこの行事のためだそうです。
 3年ごとに開催され、今年は開催年でしたが来年に延期されました。

九品仏

 御朱印です。多くの仏さまの印が押されたとてもありがたい御朱印です。「お面かぶり」の御朱印もあるそうです。このお寺の見どころは鷺草の咲く夏。近くにある等々力渓谷との散策(こちら)と併せてお参りください。

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (448)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (11)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)