FC2ブログ

大河原邦男の展覧会

 先日、小学校時代の友人と再会して当時のアニメの話で盛り上がりました。やはり会話の中心はガンダム。ガンダムの放送期間は1979年から1980年ですが、小学校の頃ボトムズ、バイファム、ダグラム、日本サンライズではないけどマクロスより再放送のガンダムを見てました。
 そこで今回は2015年8月に開催された大河原邦男(ガンダムをデザインした人)の展覧会の記事を再編集して紹介します。
  
 2015年の8月26日に森アーツセンターギャラリーで開催の「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM 」に行きました。この日は雨ということもあって空いてました。おかげでキャラクターやモビールスーツの原画をこころゆくまで見れました。

 会場のしょっぱなでシャーザクに追われながらホワイトベースの乗員として大気圏を突破するアトラクションを楽しんだ後は、魅惑の原画がオンパレードです。数々の名場面で感涙必須でした。会場の最後は名シーンのジオラマや原画が撮影可能です。この中で特に気に入ったものを紹介します。

ザク

 シャーザクです。3倍速い感じがよく出ています。

ドム

 ジェットストリームアタックです。ほかにもビグザムもありました。しかしこのジオラマは鏡の反射で以外と撮影は難しくフラッシュは禁止です。来月27日まで開催中です。
 シャーのような最強のプレイングマネジャーを目指す会社員、アムロのような青臭い若者に辟易する管理職、ドズルやランバラルのような上司にあこがれる会社員、寝るのもサラリーマン(パイロット)の仕事と言われたい諸兄にお勧めです。

 続いて29日は上野の森美術館で開催の「メカニックデザイナー 大河原邦男展 」に行きました。

P1020191.jpg
 
 美術館の入り口にある壁画です。大きさが表示されています、ガンダムは18Mだそうです。ダグラムはその半分で、バイファムは意外と大きかったです。
 会場にはガッチャマンから現在までの作品が展示されていました。ヤッターワンのようなファンシーな乗り物から、ボトムズのような現実的な兵器(スコープドッグは実用化されてそう)まで幅広い作品世界が堪能できます。ガンダムはファーストガンダム以外のSEED、ウィング等の原画も展示されておりガンダムエピオンとトールギスの原画が特によかったです。

 P1020192.jpg

 この展覧会で唯一撮影可能な作品です。ヤッターワンは案外小さいようです。ミュージアムショップにはボトムズにちなんだ「赤肩」っと「最低野郎」というお酒もありなかなかしゃれっ気があります。
 おかげさまでこの夏は少年に戻った感じでリフレッシュできました。
 ガンダムのデザインといえば、最近(2015年8月頃)ファイヴスター物語の新刊をだした永野護も手掛けています。この方の展覧会も開催されてほしいものです。

ガンダムをを描いた天明屋尚の「RX78」もどうぞ(こちら
ガッチャマンやタイムボカンシリーズのキャラクターデザインを手掛けた天野喜考の展覧会の記事もどうぞ(こちら
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)