fc2ブログ

豊坂稲荷神社 豊島区目白

 9月のある日、目白へ買い物に行ったついでに豊坂稲荷神社をお参りしました。
 
IMG_1245.jpg

 創建年代は不詳です。現在の学習院の構内にありましたが、明治時代に学習院が目白に移転したため当地に遷座しました。
 
IMG_1246.jpg

 整理整頓がよくできた家を訪問したような、閑静な住宅街である目白らしい境内でした。

IMG_1247.jpg

 この神社は豊坂と呼ばれている坂の上にあります。この画像でお気づきのように向かいの建物の屋上と境内がほぼ水平です。
 東京の街歩きの魅力は数多くありますが、地形による不思議な光景もその一つと思っているのでこのブログでは御朱印よりも寺社周辺の地形を紹介することに力を入れております。

IMG_1248.jpg

 境内社の市来嶋神社です。この神社は高田氷川神社の兼務社でこの神社で御朱印を頂くことができます。
 この神社の近くにある目白聖公会も御覧ください。

IMG_1249.jpg

 おまけです。
 池袋から目白へ行く途中にはJRのガードをくぐリます。一つは「びっくりガード」もう一つは「WEロード」です。
 「WEロード」は暗くいうえに天井が低い、イメージの悪い場所でしたが、植田志保という美術作家によってカラフルな場所に変貌しました。こちらは四面塔池袋水天宮をお参りついでに立ち寄りください。
スポンサーサイト



原田直次 騎龍観音

 11月20日に国立近代美術館に行ったので、しばらくの間、この美術館で撮影した作品が続きます。
 まず紹介するのは原田直次の「騎龍観音」です。今作品は絵葉書があるのでスキャンしました。

騎龍観音 原田直次郎

 絵画でも彫刻でも龍といえば眼力を味わうものですが、この龍は優しい眼差しです。

 観音菩薩の33のお姿の一つ、「龍頭観音」を描いた作品です。観音様と龍神のパワーを描いた有難い作品であると同時に、日本の洋画における「宗教画」の先駆けともいえる名作です。
 
 聖書の場面を描いた宗教画も当然ながら素晴らしいですが、クリスチャンではない私にはいまいちありがたみが伝わらないことがありますが、この作品に関しては暗闇を突き進む姿には勇気を、穏やかな観音様には安らぎを、明光には希望を感じとてもありがたいです。次回もそのような作品を紹介します。

石浜神社 荒川区南千住

 南千住界隈の寺社巡りは今回紹介する石浜神社で最終回です。
 
ishihama (8)

 石浜神社は墨田川の白髭橋のたもとにあります。隣には東京ガスのガスタンクがあるため、一の鳥居付近は独特な雰囲気です。

ishihama (7)

 参道の右側は墨田川です。そのため景観を損なうような建物がなく前回紹介した神社以上に開放感があります。

ishihama (1)

 724年に聖武天皇の命により創建したと伝えられる古社で、源頼朝が奥州侵攻時に当社で祈願、大勝したことから社殿を造営されたそうです。

ishihama (2)

 獅子頭です。喝を入れていただいた気分になります。
 伊勢参宮が困難な人はこの神社で祓を受けたそうです。

ishihama (3)

 境内社のお稲荷様です。野趣がありかつ空の広さを感じます。私がお参りした都内のお稲荷様の中で最も尊さを感じました。

ishihama (4)

 富士塚です。都内の富士塚はどうしたも周囲の建物が視界に入りますが、後方は墨田川なので建物がなく、富士山の頂にいるような気分になるくらい空の広さを感じるので、私が見た富士塚で最も美しいです。

ishihama (6)

 祭神は天照大御神です。こちらは岩戸隠れを描いた額です。さて、南千住には天照大御神の弟である素盞雄大神を祀る神社もあります。南千住は墨田川が描く弧の内側にあります。始点に天照大御神、終点に素盞雄大神とは何やら意味がありそうでね。

ishihama (5)

 狛犬様とガスタンク。東京のインフラを護っているかのようです。
 この神社は今までお参りした23区の神社の中で一番青空の広さを感じることができるので心も晴れます。私がお勧めしたい第1位の神社です。是非お参りください。

このブログの主な富士塚の記事もどうぞ!
海蔵寺(富士講の創始者、身禄行者の墓がある)
護国寺(このブログで一番最初に紹介した寺社にして富士塚)
鳩森八幡神社(東京最古の富士塚)
品川神社(都内最大の富士塚)

板橋熱帯植物館と上野動物園

 10月30日に板橋熱帯植物館、11月3日に上野動物園に行きました。
 まずはこのブログではお馴染みの板橋熱帯植物館です。リニューアルしてから初めての訪問です。

itaue (1)

 カンムリベラです。模様が前後で異なる不思議な魚でした。一見小魚ですが実は1メートルほどに育ち色が緑色になるそうです。

itaue (2)

 スポッテドナイフフィッシュです。ちょこんとした背びれが可愛いです。 この魚はアロワナ同様、古代魚で1メートルほど成長するそうです。

itaue (3)

 植物園に展示されていたオウギバショウの種です。鉱物のような見た目と鮮やかな色に目を奪われました。
 珍しく、見て楽しい植物がこの施設の魅力です。 ちなみに板橋熱帯植物館は予約不要です。

itaue (4)

 上野動物園は予約制です。まだまで入場者数は制限しているので、休日の割には閑散としていました。
 そのため動物をこころゆくまで見ることができました。今回は虎をじっくりゆっくり見れたのが良かったです。

itaue (6)

 ハシビロコウです。いつ見ても貫禄があってカッコいいですね。

itaue (5)

 上野動物園といえばパンダです。パンダの長女がいる東側のパンダ舎は撮影禁止ですが、夫婦と双子がいる西側の屋外は撮影可能でした。こちらはお父さんパンダです。コロナ前は1時間以上並んでも混雑でじっくり見れないことが多かったのですが、今回はゆっくり見れました。上野動物園は気軽に行きづらくなった半面、動物をゆっくり見れるのでこの状況も悪くはないですね。

過去記事もどうぞ!
板橋熱帯植物園②
板橋区立熱帯環境植物館
上野動物園3
上野動物園その2
上野動物園

 | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (265)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (59)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (440)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (26)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (9)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)