fc2ブログ

イヴァン・アイヴァゾフスキー 「天地創造」

 手塚治虫の火の鳥が全巻(講談社)あるので読み返しています。
 読んでいて涙が出るのは望郷編、読みごたえがあるのは奈良時代と21世紀がリンクしながら話が進む太陽編です。 いろいろな話がある中で、壮大な話の最終回ともいえる未来編が一番好きです。
 そこで今回紹介する作品はウクライナの画家であるイヴァン・アイヴァゾフスキーの「天地創造」です。

2020042311155.jpg

 イヴァン・アイヴァゾフスキーは荘厳な海を描いた作品が多く、オランダの海洋絵画とはまた違った魅力があります。この作品は2008年前後に都立美術館かBUNKA村で開催された展覧会で見ました。この作品は天地創造の一日目「暗闇がある中、神は光をつくり、昼と夜ができられた。」場面です。
 
 火の鳥にはいろいろな話がありますが最終的には人類が滅亡します。滅亡のエピソードが未来編です。未来編は最後の人類となった主人公のマサトが地球の再生を見届けるという話です。 
 この絵画は火の鳥未来編の主人公であるマサトが超生命体として再生を初めた地球を見守っているように場面および再生を始めた地球の海原を羽ばたく火の鳥にも見えたので紹介しました。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (448)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (11)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)