fc2ブログ

神田稲荷めぐり1 講武稲荷神社と花房稲荷神社

 このブログも間もなく開始から12年経ち、情報も古くなっているので機会をとらえて更新しようと思っています。
 今回は2013年8月の記事を記事を再編集したものです。12月10日に秋葉原にある講武稲荷神社と花房稲荷神社をお参りしました。講武稲荷神社は、1857年に幕府の講武所の付属地が払下げられた後、この土地で創建されたものです。

 akiinari (4)

 この神社の見どころはこの獅子山状の上にいるお稲荷様です。

akiinari (5)
 
 この神社はかつてあった石丸電気本店の裏手にあります。なお、現在は住友不動産が所有するビルディングになっています。

akiinari (6)

 神田にはいろいろなお稲荷様が鎮座されていますが、花房稲荷神社が一番ミステリアスです。
 場所が分かりづらく、雑居ビルの隙間にひっそりと鎮座しています。

akiinari (1)

千代田区の観光案内によると「草創・由来は明確ではない。一説には、もともとは現在の外神田4-5あたりの屋敷神であったものが移転してきたとも伝えられる。空襲で全焼しているが、昭和25年頃に再建されたと考えられる。近所の方によると「百日咳や風邪で咳がひどいときには、花房稲荷にお願いするとよいと言われていた」といい、そのため治ったときにあたらしい赤と白の「おけさ」を奉納することになったという。」とのことです。「おけさ」とは何のことでしょう?「お袈裟」?お稲荷様の前掛けでしょうか?
 
akiinari (2)

 街角のお稲荷様は残念ながら朽ちているのも多く、お参りと紹介をためらうこともありますが、こちらのお稲荷様は前掛けが新しいので大事にされていることが分かります。

akiinari (3)

 子供の頃、家電といえば秋葉原。いろいろあった家電屋のCMソングは今でも歌えます。
 父親が言うには秋葉原といえば青果市場でした。それが電気街となり今ではアニメの街です。秋葉原は常に変わり続けるダイナミックさを感じる街です。息子が大人になったときは何の街になるのでしょう?

近隣の柳森神社の記事もどうぞ!
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (273)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (11)
ロシア (5)
日本人画家 (223)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (47)
現在美術 (34)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (447)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (3)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (31)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)