fc2ブログ

大森鳥見神社 千葉県印西市

8月10日に千葉県印西市にある竹袋稲荷神社をお参りしました。
次にお参りしたのが大森鳥見神社です。

kioroshi (13)

JR成田線の木下駅から歩いて20分の場所にあります。

kioroshi (14)

拝殿左右にある榧と銀杏の御神木は樹齢500年以上の巨木です。

kioroshi (19)

レンガの玉垣が珍しいですが、この神社の見どころは彫刻です。

kioroshi (16)

本殿左側の新羅三郎義光之の彫刻です。

kioroshi (17)

本殿右側の源義家の彫刻です。

kioroshi (18)

本殿背面の常盤御前の彫刻です

kioroshi (21)

唐門の左右彫刻と柱も素晴らしいです。

kioroshi (20)

kioroshi (23)

私が一番よいと思ったのが組物、腰組の構成美です。均整のとれた様はオーケストラで聞くクラッシクのような優雅さです。縁束の彫刻は付近を流れる利根川のような美しさです。

さて、「鳥見神社」は印西市・白井市周辺に点在する神社です。この神社の由緒によると、

「大森の鳥見神社は、崇神天皇の御代に全国平定の基礎を固めた大和王朝の東国経路に伴い、有力豪族であった物部氏族がこの地方に進出開拓、経綸の勢威を示すと共に、その安全と繁栄を祈り、土地神として大森の地に祖先饒速日命の霊を祀ったのが創建の由来と承る。
常陸風土記によれば、古墳時代の前期(四世紀)に景行天皇が日本武尊の戦跡を廻られ鳥見ヶ丘に立って霞の郷(常陸国)を眺望されたと記されている。」とのことです。

また、この地域は「鳥見神社」の他「宗像神社」も点在しています。古代の北総地域は内陸水運が盛んだったことの名残です。この地は東京よりも古い歴史があります。都内から電車でわずか1時間の距離に奈良時代よりも前の日本の歴史を感じることができます。

円山応挙 江口君図

9月2日に静嘉堂文庫美術館で開催中の「あの世の探検—地獄の十王勢ぞろい—」に行きました。
静嘉堂文庫美術館が所蔵する「十王図・二使者図」及び「地蔵菩薩十王図」全13幅が展示されています。館内は空調が効いていますが閻魔大王など10人の大王達がのエネルギッシュな描写のせいか熱さを感じます。また、「十二霊獣図巻」はポケモンとかカードゲームのキャラクターを見ているようです。

円山応挙 江口君図

これらの作品は撮影が可能ですが、私が行ったときは撮影をする人がいなかったせいか、ここで撮影をしたら迷惑と思い控えました。また、これらの作品の絵葉書は販売されていません。そこで今回紹介するのは絵葉書が販売されていた円山応挙の「江口君図」です。

今回この作品を紹介する理由は、実家が世田谷区なので、移転前の静嘉堂文庫美術館い行くことが多かったため、江口君図は見る機会が多く親しみを感じているからです。
一見無表情のため、時々の気分で個人的な解釈が変わりますが上品な顔立ちにいつも惹かれます。「江口君」と呼ばれた遊女をモデルした作品ですが、実は幽霊で普賢菩薩の姿で現れたものとのことです。この展覧会には普賢菩薩の仏画、円山応挙が描いたとされる幽霊がもあるので合わせてみるのも一興です。
この展覧会では曜変天目(茶碗)も展示されています。もうすぐ会期末なので行くから今すぐです。

竹袋稲荷神社 千葉県印西市

8月10日に印西市のJR木下(きおろし)駅から歩いて20分の場所にある竹袋稲荷神社をお参りしました。

kioroshi (1)

kioroshi (2)

鳥居と参道です。、山の中にある神社をお参りする機会が少ないので、この雰囲気だけでも御利益を得た気分です。

kioroshi (3)

一見、よくある境内ですが、、

kioroshi (6)

本殿はこのように絢爛豪華!夏空に美しく映えています。

kioroshi (7)

左側の孔雀です。

kioroshi (8)

背面の鷹です。

kioroshi (9)

右側の鳳凰です。

kioroshi (10)

1288年に京都伏見稲荷神社より勧請したと伝えられている神社です。「鳥見神社」と「宗像神社」が多い地域だからでしょうか?印西市で「稲荷神社」はここだけです

kioroshi (11)

本殿は1769年に建てられ、2009年に塗りなおされたものです。立派な姿から信仰の篤さを感じます。

kioroshi (12)

本殿周辺の石祠です。
この神社は印西市の利根川沿いにあります。この地域の経済の中心は現在では成田寄りの千葉ニュータウンですが、かつては銚子から運ばれてきた鮮魚を江戸川の行徳新河岸につなぐ中継地として、あるいは江戸から行徳船でやってきた鹿島・香取・息栖三社詣の旅客が利根川を下る乗船場として賑わっていました。この神社の立派な彫刻はその繁栄を物語ります。次回も彫刻が素晴らしい神社を紹介します。

«  | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (265)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (59)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (440)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (26)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (9)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)