fc2ブログ

マルク・シャガール 婚礼 白い襟のベラ

10月3日に行った「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」では旧ロシア帝国出身の画家達の作品に惹かれたので前々回はウクライナ、前回はロシア出身の画家でしたが、今回はベラルーシ出身のマルク・シャガールです。

cuw (5)

cuw (6)

上段は「婚礼」、下段は「白い襟のベラ」です。
マルク・シャガールはメジャーな画家ですが、このブログで紹介するのは初めてです。

「婚礼」は「色彩の魔術師」にふさわしくカラフルですが。新郎新婦以外の人物が影のようで、正直なところ不穏な雰囲気を感じます。
婚礼は心躍るものですが実際はこれからいかに困難を乗り越えるかという不安もつきまといます。愛の一言ではすまされない結婚の現実も描いていると個人的に解釈しています。また、ベラルーシ生まれではあるものの、諸般の事情で愛しい故郷を離れて暮らさざるを得ない切なさかもしれません。

下段は「愛の画家」にふさわしく、シャガールのミューズであるベラを大きく描いております。
仏教徒だからですが観音様のような有難みを感じる作品です。この展覧会は悪く言えば鑑賞者の技量が試されがちですがこの作品は前回、前々回と同様に理屈抜きで鑑賞することができました。
以上が「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」の感想です。会期はまだ続くので是非ご覧ください。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (265)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (59)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (440)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (26)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (9)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)