fc2ブログ

伝土佐光信 百鬼夜行絵巻(部分) 辟邪絵神虫(部分)

10月13日に国立博物館で開催中のやまと絵展に行きました。
本気で見れば1日あっても足らない充実の展覧会なので、この日は伝土佐光信の「百鬼夜行絵巻(部分)」と「辟邪絵神虫(部分)」に的を絞りました。

yamato (1)

火の鳥の「異形編」は物語に登場する魑魅魍魎達が土佐光信の「百鬼夜行絵巻」のモデルとなったという場面にもこの絵巻に登場する妖怪たちが描かれています。子供の頃に火の鳥を読んで実物を見たいと思ってましたがついに叶いました。
怖いというよりユーモラスですね。昔から右にいる赤い奴が気になっていたのでググってみたら「赤へる」というそうですが、水木しげるは「のっぺら」と紹介し、「瓢箪子」とか「赤子玉」とも呼ばれているようです。人気の高い妖怪なのでグッズも売っていました。


yamato (2)

この作品は時期は忘れましたが江戸東京博物館で開催された妖怪の絵画展で見た記憶があります。
この日は応天門の変や信貴山の縁起を描いた教科書でお馴染みの作品もありましたが、昆虫採集が好きなのでこの作品は非常に興味深いです。
この虫は邪悪なものを喰らうとのことです。足が8本あるのでむしろ蜘蛛のようです。禍々しいお姿ですがだからこそ邪悪なものへの威力も凄そうです。

この日は鳥獣戯画で特に有名な「「甲巻 第16紙後半 - 第18紙」も展示されていました。この場面を見るのは3回目でこのブログでも紹介しています(こちら
描かれている動物達に「犬」がいないのが気になるところです。兎、猫、狐が描かれていますが古来より日本人が「萌え」と感じる動物は変わらないのか?と思いました。
この展覧会はまだ続きます。帰宅途中に上野がある利点を生かして定時に終わった金曜日にまた行ってみようと思っています。
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (265)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (59)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (440)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (26)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (9)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)