FC2ブログ

弘法寺 千葉県市川市

 4月16日に千葉県市川市にある弘法寺と周辺の寺社をお参りし、ついでに洋館巡りをしました。
 4回にわたり紹介します。まずは日蓮宗由緒寺院である弘法寺を紹介します。

 このお寺は737年、行基が建立し「求法寺」と名付けられた、822年に弘法大師がこのお寺を訪れた際、「弘法寺」と改名し、その後日蓮宗に改宗しました。

ichikawaguhou (2)

 このお堂は日蓮上人が肌身離さず身に着けていた太刀大黒天神を祀るお堂です。
 ちなみに千葉県は日蓮上人の出身地ということもあって日蓮宗のお寺が多く、浄土真宗は少ないそうです。
 
ichikawaguhou (3)

 推定500年前に建てられた朱雀門です。
 
ichikawaguhou (5)

 本殿と客殿です。平成9年に建てられたものです。端正な造りが良いです。

ichikawaguhou (6)

 祖師堂です。平成22年に建てられた総ヒノキのお堂です。本殿と客殿とは対照的に素朴な感じが良いです。
 このお寺は高台にあり周囲にはマンションがないので空が広いです。

ichikawaguhou (7)

 このお寺の名物である樹齢400年の枝垂れ桜である伏姫桜です。新緑の桜もまた良いものです。

ichikawaguhou (8)

 仁王門です。明治23年に松戸にある萬満寺より寄進を受け移築したものです。萬満寺も千葉県にある行きたいお寺の一つです。

ichikawaguhou (9)

 空海が記した「真間山」の額です。
 行基も空海もこの地を訪れた史実はないらしいですが、このお寺は奈良時代にはすでにあったようです。なお、鐘楼も素晴らしいのですが改築中でした。

ichikawaguhou (10)

ichikawaguhou (11)

 運慶作と伝えられている仁王様です。
 日蓮宗のお寺は龍の彫刻が見事であることが多いです。私が見落としているかもしれませんが見当たらなかったです。 
 
ichikawaguhou (12)

 石段の下から27段目にある「涙石」です。
 江戸時代、作事奉行の鈴木修理長頼が日光東照宮の造営のために使う石材を運ぶ途中、無断で「弘法寺」の石段に寄進してしまったため切腹を命じられ、この石段に血と涙が染み込んで濡れているそうです。実際は台地から滲み出す水脈に触れているらしいです。

ichikawaguhou13(10).jpg

 最後に御首題です。伏姫桜の印が特徴です。コロナ感染対策として書置きのものですが印刷物ではないので十分ありがたいです。
 次回は仁王門を下った場所にある手児奈霊堂を紹介します。

 市川市内にある日蓮宗の大本山、中山法華経寺の記事もどうぞ(その1)(その2
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/1073-17cec826

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)