fc2ブログ

佐倉藩総鎮守麻賀多神社 千葉県佐倉市

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。  
 さて、12月17日と12月20日に休暇を取りました。17日は千葉県佐倉に、20日は鎌倉に行きました。今回は千葉県佐倉にある「麻賀多神社」を紹介します。

sakuramakatasama (2)

 「麻賀多神社」は「まかたじんじゃ」と読み、佐倉市の周辺に18社ある神社です。今回お参りした社は「佐倉藩総鎮守」は一番格式が高いです。

sakuramakatasama (3)

 狛犬様のマスクの柄は「麻の葉文様」でした。
 古墳時代の房総半島は、「捄国」(ふさのくに。古くは捄=麻がよく育ったことに由来、「総」は後世の当て字)と呼ばれていたそうです。また、麻の倉が転じて「佐倉」となったそうです。この柄を選んだ理由は鬼滅の刃に便乗したのではなく、この土地のルーツを表しているからと思われます。

sakuramakatasama (4)

 この神社のキャラクター「むすびちゃん」です。なお、この神社の御利益は「縁結び」です。

sakuramakatasama (11)

 この神社も彫刻が見事です。
 さて、拝殿右側の酒樽は佐倉市の隣にある酒々井(しすい)町の地酒「甲子」です。フルーティーな味わいが魅力です。都内では千葉の地酒を見かけないので千葉ニュータウン勤務の頃はよく買いました。千葉は醸造業(醤油)が盛んであるせいかおいしい地酒も多いですよ。

sakuramakatasama (5)

sakuramakatasama (6)

 麒麟と鳳凰です。龍の彫刻もいいですが、獣類の長と鳥類の長が対になっているのもいいですね。

sakuramakatasama (7)

sakuramakatasama (10)

 龍は水の神です。佐倉市には印旛沼という大きい沼があります。
 印旛沼はかつては今より大きく、周辺では水運・漁業が発達していたました。だから龍はこの地域の守り神といえます。

sakuramakatasama (1) - コピー

 御朱印です。
 佐倉市の隣にある印西市周辺には「鳥見神社」・「宗像神社」が点在し、同じく隣の成田市周辺は「埴生神社(はぶじんじゃ)」が点在しています。これらの神社の由来は大和朝廷が成立した頃まで遡ることができ、都内の神社では味わう機会が少ない奈良時代以前の歴史に思いをはせることができるのが魅力です。
 印旛と呼ばれる地域の神社の独自性は、大昔は印旛沼や点在する沼を結ぶ川で各地域が分かれていたからでしょうか?興味がつきません。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/1119-b8ef7a5a

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (272)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (10)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)