fc2ブログ

児島虎次郎 和服を着たベルギーの少女

6月3日に目黒区美術館で開催中の「ベルギーと日本 光をえがき、命をかたどる」に行きました。私が一番推す画家であるエミール・クラウスに学んだ日本人画家である太田喜二郎と児島虎次郎の作品が一堂に会する充実の展覧会で6月18日まで開催されています。

kojimatora.jpg

一見、少女は「何着てるんだ私は?」という表情をしているようにも見えますが、背景がとてもガーリーなせいか、少女の可愛さが際立ちます。
この作品は展覧会のパンフレットに使われているこの展覧会の目玉です。「和服を着たベルギーの婦人」という作品と対になっているようです。児嶋虎次郎は和服を着た西洋人の少女を描いた作品は他にも描いており、大原美術館が所蔵しているようです。西洋美術と日本美術を融合しようと試行錯誤したものと思われます。

以前より、太田喜二郎と児島虎次郎のことは知っていましたが実際に作品を見るのは今回が初めてです。
エミール・クラウスは光に満ちた作品で有名ですが、両名の勝るとも劣らない光の描写は見ているだけで日光浴をしている気分になります。ベルギーで描いた風景画はもちろんのこと、光に満ちた日本の風景も描いております。日本画が描く風景はしっとりとした湿潤とした日本の風土が伝わりますが、光に満ちた日本の風景もまた良いです。次回はエミール・クラウスです。

※ 私が訪れたときはシャッター音がしなかったので撮影禁止かな思いましたが、実は可能です。この作品は絵葉書をスキャンしたものです。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/1237-70fcbb1a

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (266)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (60)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (442)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)