fc2ブログ

国立歴史民俗博物館②

10月20日に国立歴史民俗博物館で開催中の「陰陽師とは何者か —うらない、まじない、こよみをつくる—」に行き、先日は京都と江戸の街並みのジオラマを紹介しました。
今回紹介するのは時代が進んで昭和から平成にかけての展示物です。

krm (12)

縁起物やお守りが展示されている区画です。令和を生きる我々ですが縁起物やお守りが大好きです。信心というよりはキャラ物を集めるのが好きなだけかもしれませんね。
画像にある人形は「人形様」。福島県の風習で村境に置くことで魔物から集落を護るお守りとしていました。

krm (13)

krm (14)

「尾形家住宅」です。宮城県気仙沼市にある築200年以上の古民家で東日本大震災で被災したものを復元したものです。日本人は一生に一度は大災害に会うといっても過言ではないかもしれません。
東北にある古民家のせいか祖母の家を連想します。語り切れない展示物で頭が一杯だったのでこの展示物には祖母の家を訪ねたような安どを感じました。

krm (15)

戦後に各地に建てられた団地を復元したものです。正面の波のような意匠のガラスは懐かしい!洗面所の意匠も良し!既視感がありすぎます。子供の頃友人の家に行くとこんな雰囲気でした。最近YOUTUBEで忍者ハットリくんを見ますが昭和のアニメに迷い込んだようです。

krm (17)

日本人の娯楽の変遷を知ることもできます。ゴジラが展示されていました。小学校4年生の頃、近所の映画館でゴジラが公開されました。プロモーションでゴジラと握手をした思い出があります。この作品には沢口靖子と田中健が出演してました。

krm (16)

最後にウオークマンのCMです。この博物館は日本人が編み出し、使用してきた道具の変遷も分かります。ウオークマンこそ日本人の技術力・発想力の象徴ですね。他にはこの博物館は旧日本陸軍の基地だったので兵営を再現したジオラマもあります。戦前に造られた兵営での生活を描いた漫画が展示されておりました。38式歩兵銃は手に持つことができます。
戦後の日本人女性の美容の変遷が分かる展示も面白いです。私が子供の頃は夏は綺麗に焼くことがおしゃれだったようですが、夏が狂暴化したこのご時世は危険行為のような、、、、わずか2回のブログ記事では語りつくせない国立歴史民俗博物館。皆様にもぜひおすすめしたいです。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/1274-b79e81c4

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (265)
アメリカ (23)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (20)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (59)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (440)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (14)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (26)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (41)
埼玉 (9)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (66)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (16)
動物園・水族館 (21)