FC2ブログ

セガンティーニ アルプスの真昼

 9月23日に静岡市立美術館で開催のセガンティーニの展覧会に行きました。
伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」を所蔵している静岡県立美術館、尾形光琳の「紅白梅図屏風」を所蔵しているMOA美術館等、静岡県は魅力的な美術館が多いです。
 セガンティーニの展覧会に行った23日現在、三島にある佐野美術館の小倉遊亀の展覧会、浜松市立美術館の岐阜県立美術館が所蔵しているルドンのコレクション展等、魅力的な展覧会も開催してました。

 さて、展覧会目玉である代表作「アルプスの真昼」です。アルプスの真昼

 雲ひとつない青空と一面に広がる草原が魅力的な、見てるだけで清々しくなる作品です。この絵の清々しさの秘密は独特の技法によるものだそうです。静岡市立美術館は新国立美術館同様白い壁と照明の明るい館内なのでより一層空が明るく感じました。
(背景のアルプス、遠くに見える小屋と少女の距離感がなんとなく不自然な気がしますが、、、)
 
 この絵は以前Bunkamuraで行われたスイスの画家達の展覧会で見て以来、又見たいと思っていたので、今回東京での開催が待ち切れず静岡まで行きました。
 ただ残念なことに、今回の展覧会では大原美術館が所蔵している同作品とセットで展示されますが、静岡市立美術館ではこの作品のみだったことです。
 大原美術館が所蔵している作品よりこちらの方が空に青さと広さがあるので、この作品の方が私は好きです。

 この絵の他、象徴派な作品の「虚栄」、絵の女の子が登場している「日陰の憩い」、母恋しいという作者の心情がダイレクトに伝わる「ふたりの母たち」もお勧めです。
 この展覧会は私にとっては今年一番のヒット。損保ジャパン東郷青児美術館で開催の展覧会も行こうと思ってます。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/129-abca9d3b

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)