FC2ブログ

伊藤若冲 石峰寺図

 スカイツリーが昨日開業しました。我が家のベランダからもくるくる回るイルミネーションが見えます。
 今回紹介する作品は伊藤若冲の「石峰寺図」です。

2012年05月23日20時43分35秒0001

 この作品は2009年に府中市立美術館が開催した「山水に遊ぶ-江戸絵画の風景250年」と2010年に千葉市立美術館が開催した「伊藤若冲 アナザーワールド」で見ました。(作品は京都国立博物館が所蔵)

 石峰寺は伊藤若冲が草庵を結んだお寺で、伏見稲荷から宇治の方に歩いて確か10分の場所にあるお寺で、伊藤若冲がデザインした五百羅漢で有名です。おととしのGWに行きましたが、ひっそりとした隠れ家のようなお寺でした。(この記事はこちら

 不思議な絵です。この絵に描かれている羅漢はふわふわしています。ルソーやシャガールのような浮遊感です。 右側に象と獅子に乗った羅漢の横に船に乗った羅漢がいますが、陸なのか池なのか分かりません。全てがひらっぺい空間に、あの超現実的な鶏を描く画家の作品かどうか困惑します。
 
 若冲にとって絵を描くことは仏に近づく修行だったと思われますが、この作品は悟りの境地に近づいた心境を描いたのかもしれません。
 ボストン美術館展に展示されている曾我蕭白の「雲竜図」はキュビズムの先駆けであるという評論がありましたが、この作品は象徴派またはシュールリアリズムの先駆けと言えます。

 さて、今週末は府中市立美術館の「イメージの叫び:パワー・オブ・創作木版画 」に行く予定です。ではまた!
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/256-25ce37f0

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)