龍口経太 髪 焔(習作)

 3連休の初日に、日本橋のKAMIYA ARTで12月11日まで開催されている龍口経太の個展に行きました。
 このブログの1回目の記事は龍口経太の作品で、私が最も推す日本画家です。

 この個展では過去の作品と新作を合わせてみることができます。

髪

 まずは過去の作品でこの作品は「髪」という作品です。
 少女の雪のような美しさと相反するような黒髪の禍々しさが衝撃的な作品です。木に括りつけられてるように見えますが、おそらくは黒の白いフリルがついたドレスが折り重なったものです。

 制御しきれない念や容赦なく厳しい現実から救い出そうと苦悩する弥勒菩薩半跏思惟像のような神々しさが、以前紹介した「操り人形」よりも伝わってきます。

 次は新作でタイトルは「習作」となっている、こちらの作品です。

習作

 「焔」という妖しい魅力を放つこの裸婦像が出展されていました。この作品は「焔」に描かれている女性の頭部を描いたものです。「焔」というタイトルの作品は以前別のギャラリーで見たことがありますが、こちらは赤いランジェリーを着た裸婦像でした。

 「妖しい」、「萌え」、「耽美的」というキーワードで語られることが多い画家ですが、「水辺の風景」という
水墨画の3連作は美しいです。この作品は展示の順番に説明すると、1番目は朽ちた橋に生える巨木、2番目は古木、3番目は島を描いたものですが、神秘的な静謐感があり、遠い記憶を呼び起こすような作品群でした。

 3連休が終わりましたが、よい1週間を!!

2013年12月に同じギャラリーで開催された展覧会の作品もどうぞ(こちら
よろしければクリックをお願いします
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/335-ccb1dab2

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (198)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (228)
江東 (14)
台東 (27)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (21)