ラファエロ アルドブランディーニの聖母

 親子シリーズの最終はラファエロの「アルドブランディーニの聖母」です。

アルドブランディーニの聖母

 ラファエロといえば聖母子、3月2日から国立西洋美術館で展覧会もあります。
 この作品はナショナルギャラリーが所蔵し、ラファエロが描いた聖母子の中で最高といわれています。ただ残念ながら国立西洋美術館の展覧会には出展されないようです。

 ラファエロの聖母子は他に2作品、(カーネーションの聖母)と(コロンナの聖母)を見たことがあります。
 いずれの母子の愛情あふれる名画ですが、この作品は仲良兄弟を見つめる母親ということで、画面からあふれる情愛も他2作品よりあふれて見えるので、なるほど最高傑作であることが納得です。

 右の子供はヨハネで将来の受難の象徴とされるカーネーションをキリストに渡している図とのこですが、兄(ヨハネ)が摘んできた花を弟が取ろうととして一触即発なところを母親がやんわりあやしているように見えます。
 ダビンチとボッティチェッリの作品も素晴らしいですが、ラファエロは見ていて優しい気分になれるところがいいですね。ではよい週末を!!

「聖ゲオルギウスと竜」という作品も紹介しています(こちら

いままで紹介した親子をテーマにした作品もよろしければご覧ください
セガンティーニ 生の天使(こちら
イリヤ・レーピン あぜ道にて―畝を歩くヴェーラ・レーピナと子どもたち(こちら

よろしければクリックをおねがいします
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/343-760a4add

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (202)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (31)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (232)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (11)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (23)