妙法寺 杉並区堀之内

 27日はかみさんが息子を連れて実家に行ったので、久々に羽を伸ばせました。
 まず、芝離宮庭園に行きました。藤と菖蒲の花が満開でした。そして東京タワーで5月6日まで開催の「世界記憶遺産の炭坑絵師 山本作兵衛 展」に行きました。この展覧会は素晴らしいので次回紹介します。そして寺社巡り。このことは次々回以降紹介します。

 さて、先週紹介した大宮八幡宮から自転車で10分程の場所に日蓮宗の本山、妙法寺があります。
このお寺の良いところは、各お堂や文化財が無料で拝観できることです。東京を代表するお寺といえば浅草寺、柴又の帝釈天です。もちろんこのお寺は素晴らしいですが、寺社巡り通の方にはこのお寺を推したいです。

P1010557.jpg

 上層に廻縁をめぐらし、獅子・龍・華などの彫刻が絢爛に施した仁王門です。江戸時代1787年に建てられました。このお寺は戦災の被害から免れたこともあって古い建物が多く残されています。

P1010558.jpg

 国指定文化財の鉄門です。イギリス人建築家J・コンドル(鹿鳴館・上野博物館・ニコライ堂などを設計)の設計による貴重な和洋折衷様式の鉄門です。

P1010559.jpg
 
 
P1010560.jpg P1010561.jpg

 祖師堂の正面には三匹の龍、四方には雷神を配し(池上本門寺も四方に雷神。日蓮宗の建築様式だろうか?)、祖師堂の内陣は金箔で覆われた都内一絢爛豪華な空間で見事です。各お堂は回廊で結ばれています。このお寺の先大の魅力は各お堂が拝観可能であることです。

P1010563.jpg P1010564.jpg

 左は「千部講中石塔」。祖師堂の裏にあり、この石塔の奥には五重塔があります。右は日朝堂、日蓮宗の高僧日朝上人を祀るお堂です。

P1010566.jpg

 二十三夜様という神様を祀っている祠もあるので、山門脇には狛犬も鎮座しています。
 土蔵をそのまま祠にしているところが珍しく、いつ行っても不思議な雰囲気です。
 さて、二十三様とは特定の月の23日の夜に講員が集まり、月を拝み飲食を共にする月待ちの行事の信仰で現在では廃れているらしいですが、このお寺では今も続いています。
 なお、二十三夜様は女性が抱えるいろいろなことにも御利益があるそうです。

妙法寺

 御首題です。御朱印収集を始めたころ、御首題は専用の御首題帳が必要であることを知らず、そのまま御朱印帳を出したらなぜか頂くことができました。お題目はいつ見ても、いつ唱えても美しい日本語と思います。

 以上、3週にわたって紹介した杉並寺社巡りでした。冒頭にお伝えした通り、次回の寺社ネタは港区の東京タワー周辺の寺社巡りです。では良いGWを!!
スポンサーサイト

Comment

[422] こんばんは

私もこのお寺をよく覚えています。
お寺の入口付近と最後の写真の場所にそれぞれ
井戸と狛犬があったと思います。
私にとって、一石二鳥でした。

[423] Re: こんばんは

 言われてみれば入口にも井戸と狛犬様ありました。このお寺は彫刻好きな方にもお薦めです。
私が推す理由はこのお寺の独特な雰囲気です。今回は紹介し忘れましたが、いい雰囲気の庭園もあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/35-341d2cde

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (198)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (227)
江東 (14)
台東 (27)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (12)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (21)