fc2ブログ

スーラ ポール=アン=べッサンの日曜日

 10月8日に都立美術館で開催の「ゴッホ展—響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」に行きました。

 クレラー=ミュラー美術館が所蔵するゴッホの作品はもちろんのこと、新印象派の画家達の作品も展示されていました。
 まずは、2013年10月に国立新美術館で開催中の「印象派を超えて 点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」でも見たスーラの「ポール=アン=べッサンの日曜日」を紹介します。

2013年10月23日22時28分38秒0001

 ゴッホの展覧会なのになぜ?と思う方もいるかもしれません。
 8年ぶりの再会が嬉しいのと同時に、潮風、さわやかな光が福岡時代の美しい思い出を呼び起すから紹介します。

 私は1999年から2001年の2年だけでしたが福岡に住んでいました。(ホークスの初優勝、20世紀最後の日本シリーズ(ON対決!!)、2000年問題、今でこそ全国区の華丸大吉は「鶴屋華丸・亀屋大吉」で、ばってん荒川はご健在な時代)
 
 休日は大濠公園の近くの社宅から糸島までの海岸沿いの道をサイクリングしたものです。途中に唐泊という優雅(遣唐使の船の停泊地だったとか)な名前の漁港あり、細い路地の入り組んだ風情のある場所でした。この漁港で玄界灘を眺めながら休憩をしたものです。その風景はこの作品のように美しかったです。

 さて、スーラといえば点描ですが、ゴッホの作品は私には良くもも悪くもドロドロしたドットの集合に見えます。ゴッホの作品からどろどろしたものを除いて洗練させたらこのような作品になるのでは?と思いました。次回からこの展覧会で見たゴッホ作品が続きます。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/444-90e7352f

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
絵画と東京近郊の寺社情報を発信します。
twitter @5dama2tonもよろしく!


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (270)
アメリカ (25)
イギリス (29)
イタリア (12)
ウクライナ (7)
オランダ (32)
オーストリア (11)
スイス (21)
スペイン (7)
ドイツ (11)
東欧 (10)
フランス (61)
ベルギー (31)
北欧 (8)
ロシア (5)
日本人画家 (221)
江戸以前 (5)
江戸 (23)
浮世絵 (44)
明治~昭和 (46)
現在美術 (33)
現代美術(洋画) (46)
現在美術(日本画) (24)
寺社巡り (444)
足立 (9)
荒川 (16)
板橋 (17)
江戸川 (1)
大田 (5)
葛飾 (7)
北 (27)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (7)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (15)
台東 (44)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (27)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (40)
港 (30)
目黒 (5)
東京多摩地域 (17)
神奈川 (14)
千葉 (42)
埼玉 (10)
その他地域 (9)
名所・旧跡 (69)
庭園・公園 (9)
建物 (20)
博物館 (19)
動物園・水族館 (21)