FC2ブログ

カイユボット ヨーロッパ橋

 木曜日は京橋から直帰だったのでブリジストン美術館で開催中のギュスターヴ・カイユボットの展覧会に行くことができました。今回紹介する作品は展覧会の目玉「ヨーロッパ橋」です。

ヨーロッパ橋

 モネの作品で有名なサン・ラザール駅に架かる「ヨーロッパ橋」を描いた作品です。
 画面中央の犬に19世紀のパリに導かれるような錯覚を覚えました。技術的なことは分かりませんがインパクトのある構成がそう思わせるのでしょうか?
 
 印象派といえばダイナミックに変貌するパリの街並みを描いた作品も多いです。
 ダイナミックに何かが変わっていく時代は新しい物が生まれる時代です。印象派はそんな時代の空気のなか生まれるべくして誕生したのかもしれないです。

 それにしても印象派は鉄道を描いた作品も多いので、彼らが今の時代に生まれていたら立派な鉄。フランス人だからTGVを描いた作品を描いたりするんのかな、、、あるいは日本好きも多いから新幹線?なんてこともこの作品を見て思いました。では良い週末を!!

モネの「サン・ラザール駅」もどうぞ!(こちら
  
スポンサーサイト



Comment

[511]

わかりやすい感じの絵ですねえ。
この時代のパリはまだ、移民が押し寄せる前の古き良きパリだったんでしょうね。
おらがパリの良さを知らせずにはいられないという気がしていたのではないかな、なんて考えました。

[512] Re: タイトルなし

こんばんわ!
> おらがパリの良さを知らせずにはいられないという気がしていたのではないかな、なんて考えました。

 カイユボットが若いころにオスマン伯爵によるパリの大改造がされたそうです。だからこそ、このような気を起こしたことは十分考えられますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/454-7f500a0c

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)