FC2ブログ

森本草介 休日 光の方へ

 日本橋三越ではホキ美術館が所蔵する森本草介の展覧会が開催されているので会社帰りに寄りました。
今回紹介するのは特にお薦めの2作品です。

2014年02月04日21時57分43秒0001

 まずは「休日」です。フェルメールやデ・ホーホといったオランダ絵画のようなつつましい佇まいが伝わる作品です。
 冬の休日を描いたこの作品は、セピア色を基調としているせいか懐かしく、そしてすこし切なくなります。良く晴れた休日をのんびり過ごすことは、このえない至福であることも伝わってきました。
 ちなみにこの展覧会では作品ごとに作者のコメントがあります。モデルが着てるドレスは奥様がデザインしたそうです。 

光の方へ
 
 森本草介といえば、裸婦像です。背中はいろいろな表情を見せるので好んで描くという内容のコメントがありました。
 お尻の左側に注目してください。かかとがお尻に沈み込み、肌の柔らかが伝わってきます。同時にローマ・ギリシャの彫刻を愛でるような気分です。また、うなじや髪の生え際・首筋が特に美しいです。これこそ森本草介の描く裸婦像の魅力です。
 
 私的には休日に乳飲み子残して一人で千葉市の奥まで出掛けることに抵抗があり、ホキ美術館に行きづらいです。
 だから会社帰りに行ける場所で展覧会が開かれたことは非常にうれしいです。第2弾で例えば生島浩、島村信之の展覧会も開かれたら嬉しいです。

 このブログでは「窓からの光」という作品も紹介しています。この作品もこの展覧会に出展しています。(こちら
スポンサーサイト



Comment

[546] 何ということでしょう

お晩です、だまけんさん。
三越で森本草介さんの作品展があるのですね。
2年ほど前に日本経済新聞の文化欄でイラストのような
作品が掲載されているのを見て一目惚れし
ホキ美術館に3度ほど訪れ、その度に感動し
手のひらほどのサイズでいいので、原画を手に入れたくて
しょうがなくなっているkozoh55なのです。
特に今回も紹介されている女性象の、気高さでしょうか
モデルさんの心の中を探っても探っても
凡人である私には、なにも言葉に出来ないのです。
ありがとうございます、だまけんさん。
それでは、三越に行ってきまあ~す。
またお邪魔します。

[547] Re: 何ということでしょう

おはようございます。
ホキ美術館の作品が都内で見れて嬉しいかぎり
です。
展覧会を存分にお楽しみ下さい!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/475-8440085a

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (335)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (14)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)