FC2ブログ

アンディ・ウォーホール Ryuichi sakamoto

 新しい時代が始まって第一弾の記事になります。
 平成が終わり、昭和はますます遠くになりました。そこで遠くになった昭和を偲んで今回は2014年に森美術館で開催された「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」で見た「Ryuichi sakamoto」を紹介します。

2014年04月06日21時36分02秒0001

 私のとっての昭和は西暦でいえば80年代、木曜夜は北斗の拳、土曜日夜はパタリロからのひょうきん族またはドリフ(兄貴とのチャンネル争いの解決策して週交替で見てました)日曜朝はキン肉マンの時代です。その頃YMOの「君に胸キュン」が流行っていたこともあり、近所の酒屋がワインの販促ポスターの「アンディー・ウォーホル作/坂本龍一」をくれました。子供心にかっこいい!!と思い、それ以来アンディ・ウォーホールのファンです。

 YMOの解散コンサート「プロパガンダ」のDVDを持ってました。コンサートの衣装・音楽は今見ても色あせないです。一番好きな曲は「TONPOO」です。
 YMOは海外でも評価が高かったし、当時は最先端の音楽でした。だからこそアンディ・ウォーホールも作品にしたのでしょう。
 さて、80年代を代表する芸術家といえばこのブログでも紹介しているキース・へリングも挙げられますが、意外と回顧展がないです。この画家の作品「アンディーマウス」もまた私にとっての幻の名作。いつの日か会えるのでしょうか?

次の作品もどうぞ!!  
「200個のキャンベル・スープ缶」
「スペースシップ・ロールオーヴァ―マウス」
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/493-3e23330e

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (214)
アメリカ (15)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (50)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (283)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (24)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (16)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (24)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (7)