FC2ブログ

原雅幸 クリストファーロビンの聲

 ゴールデンウィークにかみさんが息子を連れて実家に行くので2日ほど羽が伸ばせます。行きたい展覧会・寺社は多々あるのでどこにするか思案中です。

 さて、ゴールデンウィークは野山に出て自然と触れ合う方も多いと思います。そこで今回は自然と触れ合うことで感じる神秘・畏れ・不思議さが伝わってくる原雅幸の「クリストファーロビンの聲」です。

2014年04月13日21時41分44秒0002

 原雅幸はスコットランド在住の画家です。
 この作品も先々週紹介した島村信之同様、ホキ美術館が所蔵しています。

 クリストファーロビンはくまのプ―さんに登場する少年です。今回この作品のことをいろいろ調べやっと気付きました。詳しいことは省くとしてこの森はこの物語の最終話にある「魔法の森という場所」を描いたものと思われます。この作品は魔法をかけたような不思議な魅力がある理由もわかりました。

 さて、木も生きています。落ち葉の裏には無数の生命があります。木々ざわめきが聞こえる心地よい作品です。同時に自然の神秘に対し、人間はちっぽけだという畏れも感じる作品です。都会に暮らしてるとこのような風景はとてもありがたみを感じます。
 ゴールデンウィークは野山に出て自然と触れ合うことでこのようなことを感じる方も多いだろうと思って、この作品の趣旨とは外れるかもしれないと思いましたが、紹介しました。

 
次の作品もよろしければどうぞ。ではよいGWを!!
光る海
Kendalの思い出
スポンサーサイト



Comment

[568] すごい作品ですよね

確か作品自体はあまり大きなサイズのものではなかったと思いますが
すごくインパクトがあり、どこか自然の地に行く度に
「これってあの森とそっくりじゃないかな?」と
思う事が度々あります、横浜三溪園に行った時も
そんなふうな草木に包まれた場所に出会ったのを思い出しました。
原さんの作品を手に入れたいと思ったこともありましたが
とんでもない価格らしく、すぐにあきらめました。(笑)
おばんです、だまけんさん、またお邪魔します。

PS 別な記事で高輪の狛犬、私も見ました、あれから狛犬に
   少しこだわるようになってしまいました、それぐらいインパクトあったのですね。

[569] Re: すごい作品ですよね

こんばんわ!
私も同感です。三渓園の似た場所はなんとなく分かります
明治神宮にも似た場所あったような、、
狛犬はインパクトありました。撮らずには入れなかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/500-ba432dfd

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)