カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ 朝日のあたる村の風景(孤独な樹)

 寺社巡りのポイントは社殿の美しさ、仏像・狛犬の美しさ、御利益そして御朱印等といろいろありますが、御神木に触れるのも楽しみの一つです。
 御神木は樹齢が高くその生命力はありがたいものです。このブログでは御神木の素晴らしさを語ることも多いので、今回のテーマは「パワーツリー」です。

 第一弾はカスパー・ダーヴィト・フリードリヒの「朝日のあたる村の風景(孤独な樹)」です。

孤独な樹
   
 荒野に凛とそびえる巨木は、何があっても強く生き抜くという意思を感じさせ、まさにパワーツリー。
 私生活は不幸なことが多かったカスパー・ダーヴィト・フリードリヒですが、不幸にめげず生きていこうとする姿勢がうかがえます。おれは生きるぞ!という作品は強い感動を与えてくれるので、この作品はちょっと凹み気味のときにカンフル剤になります。

 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒは、広辞苑に「フリードリヒ ドイツロマン主義の画家、崇高な作品が多い」という内容が載っているぐらいメジャーな画家の割には日本で見る機会が少ないです。
 この「朝日のあたる村の風景(孤独な樹)」は2005年に国立博物館で開催された「世界遺産・博物館島 ベルリンの至宝展―よみがえる美の聖域―」で見ましたが、再び日本で見れる日を待っています。

 
 よろしければクリックをお願いします
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/54-4a03d913

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (202)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (31)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (149)
江戸 (47)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (232)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (11)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (23)