FC2ブログ

アルフレッド・ウォリス ソルタッシュの高架橋

 子育て中の方々はお子さんを児童館に連れていくことも多いと思います。私が行く児童館には木製のレールと機関車のおもちゃがあり息子も大変気に入ってますが、人気も高く乳幼児なのでおもちゃと取った取られたetcと子供だけでなく親の社会性も鍛えられています。木製のレール・機関車を見ると連想するのが今回紹介するアルフレッド・ウォリスの「ソルタッシュの高架橋」です。

ソルタッシュの高架橋

 帆船、汽船そして蒸気機関車。乗り物好きな幼児が描いたような作品です。しかし技巧を無視して自分が好きなものを好きなだけ描いたところ、乗り物が大好きというとても男子なところに親しみを感じます。どことなく山下清の作品に似ています。

 アルフレッド・ウォリスは船舶用塗料で厚紙や板切れに、海や船、港などを思うままに描き続け、70歳から亡くなるまでの約17年間に多くの作品を残しています。素朴派の筆頭はアンリ・ルソーですが、素朴さでいえばアルフレッド・ウォリスが勝ってると思います。ただ、日本でこの画家の作品を所蔵している美術館がないのは残念。次はいつ来日するのか待ち遠しいです。ではよい週末を!!
 
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/575-58524dd4

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (335)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (14)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)