FC2ブログ

カスパル・ダーヴィト・フリードリヒ 月を眺める2人の男

 モネ・ルノアールの作品は毎年傑作が来日します。フェルメールもよく来日します。どメジャーな画家の作品は確実に来場者が多いから来日も多いのは分かりますが偏ってると思うのは私だけでしょうか?(モネ・ルノアールは作品数も多いし、、)
 さて、前回に引き続き紹介するカスパル・ダーヴィト・フリードリヒの作品は傑作と名高い「月を眺める2人の男」です。

201412301112131

 2005年に国立西洋美術館で開かれた展覧会で見ました。この展覧会の目玉はフェルメールの「窓辺で手紙を読む若い女」でしたが、一番魅かれたのがこの作品です。当時はこの画家を知らなかったです。

 冷涼な風景は印象派絵画と違い優雅な気分になるものではありません。作品からはむしろ「死」とか「不安」な気分が漂ってます。
  カスパル・ダーヴィト・フリードリヒの作品はそんなマイナスな状況を乗り越えようとする強い意志が心を打ちます。満ち欠けをする月は再生の象徴。ごつごつした岩は不屈の象徴かもしれません。
 印象派の絵画は見て楽しいですが、フリードリヒの作品は困難を黙々と突破しようとするカッコよさが魅力です。くよくよするなと喝を入れられたような気分にもなります。この画家の作品は10年来日してませんが、世の中がいろいろ大変な状況なので喝を入れるべく来日してほしいものです。
スポンサーサイト



Comment

[644] なにか

とても引きこまれる絵ですね。
どこかノスタルジックな感じがするのは全体の色のトーンの
せいでしょうか。

中心に目がいく構図と、その中にかがやく薄い月。そして、
その月をみつめながら話をする男たちのすべてが、どこか神秘的な
雰囲気を醸し出しています。

おかげ様で、この作者に興味がわきました。
ご紹介ありがとうございました!

[645] Re: なにか

こんばんわ!
この画家の凄さはおっしゃるとおりです。ただ次はいつらいにかは不明なことが残念です。。ではまた!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/609-b4021688

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)