FC2ブログ

マグリット ゴルコンダ

 昨日新しいパソコンが届きました。新しいパソコンは2in1の最新鋭なのでテンションが上がってます。
さて、4月4日の土曜日、国立新美術館で開催中のマグリットの展覧会に行ったので、今回と次回は展覧会に出展していた作品についてです。まずは「ゴルコンダ」です。

2015年04月04日20時47分56秒0002

 この展覧会の良いところは画家としてデビューした時から晩年までの作品を時系列に見ることができることと、随所にマグリットによる解説があり、門外漢の私にも分かりやすいことです。
  
 タイトルの意味はさておき一見摩訶不思議な風景ですが、突き詰めて考えるととても現実的な風景に見えました。
 人間が空に浮かぶわけがありませんが、現実的には世界の空には無数の旅客機が不特定多数の人間を運び、都市には高層ビルがありそこには多くの人が集まっています。つまり地上にからみれば実に多くの人が浮かんでいるわけです。事象とその名前の関連性を取り払うことを応用して、事象と手段を取り払ったらこのような感想になりました。

 例えば私は一個人であると同時に日本人である、父親である、会社員であるというふうに関連性があります。これは誰でも同様です。関連性こそ存在意義であり同時に束縛です。この展覧会で感じたマグリットの作品に感じる不穏な印象は、関連性から離れることへの不安だと思いました。同時に束縛からも逃れる精神的な自由も感じました。マグリットの作品はいろいろな解釈ができそうです。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/635-04f27593

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (5)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (173)
江戸以前 (1)
江戸 (19)
浮世絵 (40)
明治~昭和 (36)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (342)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (11)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (37)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (27)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (36)
庭園・公園 (6)
建物 (12)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)