アンリ・ル・シダネル 日曜日

 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館の「最後の印象派 1900-20′s Parisカリエール、アマン=ジャン、ル・シダネル…」は11月8日までです。この初秋はモネの「印象 -日の出-」から始まった印象派の最初と最後を味わうことができました。
 そこで今回紹介するのはアンリ・ル・シダネルの「日曜日」です。

2015年09月25日21時09分58秒0001

 モネから始まった印象派絵画は素人の私がいうのもなんですが、特定の師匠の型が継承されず画家達が独自に光の描写を追求したからいろいろな作風を楽しめますね。

 アンリ・ル・シダネルの作品は淡い光が懐かしい気分にさせてくれます。日曜午後の名残惜しい気分になるよう作品です。名残惜しいからこそ次の日曜日はもっと楽しく過ごそうと前向きなれるのです。淡く優しい光に満ちた作品からそんな気分になりました。
 アンリ・ル・シダネルといえばバラを描いた作品が多いです。秋バラが満開のこの季節はこの画家の作品を愛でるのにふさわしいです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/700-45f94e6d

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (202)
アメリカ (16)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (15)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (31)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (151)
江戸 (40)
明治~昭和 (47)
現代 (64)
寺社巡り (235)
江東 (14)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (14)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (25)