FC2ブログ

ルノワール 田舎のダンスと都会のダンス

 自分でいうのもなんですが、音楽に関してはふり幅が大きいです。
 ヴォーカロイドも聴きますが、一方でデスメタルも聴きます。
 仕事帰りはクサクサするので萌えっと気分に浸りたくなり、奮い立ちたい気分になりますが、ゆったりと優雅になりたいときはクラッシックが一番。最近はチャイコフスキーの「花のワルツ」が気にいってます。そこで今回紹介するのはルノワールの「田舎のダンス」と「都会のダンス」です。

2016年05月14日21時45分

 先ずは「田舎のダンス」です。ダンスに興じる女性の福よかな表情が見ていて楽しい気分になります。ドレスの流れるような動きになぜかさざ波を見ているような安堵感を感じます。

2016年05月8日20時43分

 次に「都会のダンス」。女性の服装が洒落ていてまさに「都会」のダンス。白いドレスに反射する光の描写の技能の高さが魅力的です。
 
 チャイコフスキーの「花のワルツ」を聴くたびに、両作品を連想します。いずれも2016年のGWに国立新美術館で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」で見ました。
 この両作品はプージヴァルのダンスとともに「ダンス3部作」として知られています。
 この3部作は光の粒子が踊るといってもよいです。ちなみにプージヴァルのダンスは2011年頃、国立新美術館で開催されたボストン美術館の展覧会で見ました。
 
 さて、仲睦まじいカップルは見ていて幸せになることもあります。この2作品は幸せなオーラが満ちているので気分が良くなりますね!
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/748-657e4e56

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (289)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (14)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (25)
庭園・公園 (5)
建物 (6)
博物館 (6)
動物園・水族館 (8)