イサーク・レヴィタン 満開の林檎の木

 東北は美しい。 
 学生の頃住んでいた福島市では、桜が散ると桃、リンゴが開花します。福島市は春から初夏にかけて可憐な花々に満ちます。
 この記事を紹介する頃には福島市のリンゴの花は散っているかもしれませんが、今回紹介する作品はロシアの画家イサーク・レヴィタンの「満開の林檎の木」です。

イサーク・レヴィタン 満開の林檎の木

 学生の頃住んでいたアパートの周りは林檎畑だったので、私にとってはリンゴの花は福島の象徴。この絵は大変気に入ってます。 一見桜に見えますが、林檎と桜は同じバラ科の植物です。
  
 さて、イサーク・レヴィタンが活躍した時期のロシアでは「移動派」と呼ばれる官立美術アカデミーの制約に抗議したロシア・リアリズム美術の画家集団が活躍していました。この集団はロシア各地を移動しながら展覧会を行っていたので「移動派」と名乗っていたそうです。
 ちなみに学生時代のサークルは児童文化研究会で夏休みは紙芝居持って福島県内を移動していました。
 
 移動派の画家達の作品はどれも写実的です。ホキ美術館に所蔵されている作品群が好きな方は気にいると思います。このブログでは次の移動派の作品を紹介しています。よろしければ是非!!

イリヤ・レーピン「あぜ道にて―畝を歩くヴェーラ・レーピナと子どもたち
イワン・クラムスコイ「忘れえぬ女
イヴァン・シーシキの「
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/799-b0ca2c4d

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (197)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (148)
江戸 (46)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (225)
江東 (14)
台東 (24)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (20)