滝田ゆう ぬけられます

 パソコンが復旧しました。出荷状態で戻ってきたのでOSはWIN8.1。またすごく時間がかかるWIN10への更新が面倒ですが、なにはともあれ思ったより早く復旧したのでよかったです。
 さて、弥生美術館では「昭和×東京下町セレナーデ 滝田ゆう展」という展覧会が3月25日に開催されており、1月13日に見にいきました。今回紹介する作品は「ぬけられます」です。

2018年01月27日15時12分40秒0001

 漫画家・滝田ゆうの傑作「寺島町奇譚」の原画の他、「泥鰌庵閑話」の原画や関連資料などを多数紹介している展覧会です。

 「寺島町奇譚」は作者の出身地である下町「玉の井」(東京都墨田区東向島)の裏通りの庶民の日常を描いた作品です。 
 私娼街であった玉の井の路地の入り口には、あちこちに「ぬけられます」あるいは「近道」などと書いた看板があったそうです。この作品はタイトルが街を象徴しているので紹介しました。


 滝田ゆうの作品の良いところは情緒豊かな画風と、独特の擬音です。 最近の読んだ漫画は「孤独のグルメ」、「ワカコ酒」、「深夜食堂」、「「荷風になりたい」ですが、これらの作品の先達といえば「寺島町奇譚」・「泥鰌庵閑話」です。
 美しい思い出は明日への活力になり、心を浄化します。情緒豊かな画風と、独特の擬音も魅力ですが、滝田ゆうの一番の魅力は懐かしいとしい日常を美しく表現しているところです。昭和時代(おそらく40年代)を生きた方々の心に響くことが請け合いです。
スポンサーサイト

Comment

[713] 寺島町

今も東向島周辺を歩いていると
この言葉と玉ノ井が出てきます。
けれど商店街は解体され、赤線街の残照は
もう、ほとんど失ってしまいましたが、好きな場所です。
貴重な一枚を紹介下さりありがとうございます。
またお邪魔します、だまけんさん。

[714] Re: 寺島町

こんばんわ!
この展覧会は玉ノ井の面影を知ることができます。
また、美術館も本郷・根津界隈にあるので街歩き好きなkozoh55にお勧めですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/842-1363d43e

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (208)
アメリカ (16)
イギリス (27)
イタリア・スペイン (16)
オランダ (27)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (51)
ベルギー (30)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (155)
江戸 (41)
明治~昭和 (48)
現代 (66)
寺社巡り (258)
板橋 (4)
北 (7)
江東 (15)
墨田・荒川 (8)
渋谷 (11)
新宿 (9)
杉並 (10)
世田谷 (8)
台東 (29)
中央 (14)
千代田 (15)
豊島 (20)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (18)
その他23区下町 (3)
その他23区山の手 (8)
東京多摩地域 (11)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (9)
名所・旧跡 (20)
庭園・公園 (10)
建物 (5)
博物館 (5)