FC2ブログ

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

 2月14日に国立新美術館で開催されている「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に行きました。
 この日は開館時間に合わせて入場たので比較的空いており、おかげでどの作品も思う存分鑑賞できました。今回紹介する作品は印象派絵画の2枚看板、ルノアールとモネの作品です。
 
ルノアール イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

 まずは、ルノアール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」です。
 レンピッカやモロー、クラナッハが描く退廃的な美少女もよいですが、やはりこの作品のような利発的、健康的な姿が一番よいですね。展覧会のキャッチフレーズでもある「絵画史上、最強の美少女」のとおりでした。 

P1030064.jpg

 次にモネの「睡蓮の池、緑の反映」です。この作品は限り撮影可能です。 季節はまだ冬ですが、水面にうつる睡蓮の緑がまぶしく季節を先どりしたようでした。
 また、水面を見つめるのは、風向きや光の加減で様々な表情を見せるので見ていて飽きないです。いろいろな表情をみせる雲を見ていると気分が落ち着くように、水面も見ていて気分が良くなります。この作品の良さは先ほど述べたような気分になることだと個人的に思っています。この展覧会は始まったばかりなので、会期中に行けたらもう一度行きたいものです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/846-d81c4856

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (207)
アメリカ (17)
イギリス (28)
イタリア・スペイン (16)
オランダ (25)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (51)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (159)
江戸 (44)
明治~昭和 (47)
現代 (68)
寺社巡り (261)
板橋 (4)
北 (7)
江東 (16)
墨田・荒川 (8)
渋谷 (11)
新宿 (9)
杉並 (10)
世田谷 (8)
台東 (33)
中央 (14)
千代田 (16)
豊島 (20)
練馬 (8)
文京 (33)
港 (18)
その他23区 (12)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (11)
千葉 (7)
その他地域 (5)
名所・旧跡 (22)
庭園・公園 (12)
建物 (5)
博物館 (5)