FC2ブログ

イヴァン・エンドグロフ 春の訪れ

 19日に小石川植物園に行ったら満開ではありませんが梅が咲いてました。今年は開花が早きいのでしょうか?
 とはいえ寒い日は続き春が待ち遠しいので、今回紹介する作品はイヴァン・エンドグロフの「春の訪れ」です。

イヴァン・エンドグロフ 春の訪れ

 イヴァン・エンドグロフについてググって見ましたが、情報があまりなく2007年に都立美術館で開催されたロシア絵画の展覧会に出展されていたということ以外分かりませんでした。おそらくイリヤ・レーピンとイワン・クラムスコイと同時代の画家と思われます。
 
 雪解け水は春の訪れを告げます。水はあらゆる生命の源です。雪解け水は春に芽吹く生命の源です。静謐さが芽吹きの時期をじっと待つ待つ生命達のようです。

 広大な静謐感が印象的でこの作品はロシア絵画の底力を感じます。長い冬が続くロシア人は春を待ち遠しく思う気持ちが強いせいか、風景画は春の訪れを描いた作品に傑作が多いようです。

※ 「何という広がりだ!」を文化村で見たと前回の記事で言いましたが、記憶違いで2007年の都立美術館での同展覧会でした
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/920-68d729c1

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (224)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (16)
スペイン (4)
ドイツ (9)
東欧 (7)
フランス (52)
ベルギー (28)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (169)
江戸 (19)
浮世絵 (38)
明治~昭和 (35)
現在美術 (22)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (16)
寺社巡り (336)
足立 (5)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (3)
葛飾 (4)
北 (15)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (6)
新宿 (11)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (18)
豊島 (23)
中野 (1)
練馬 (11)
文京 (35)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (26)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (35)
庭園・公園 (6)
建物 (11)
博物館 (6)
動物園・水族館 (12)