FC2ブログ

アンリ・ルソー  蛇使いの女

 9月になりましたが今しばらく暑い日は続きます。暑いときは怪談です。
  季節外れかもしれませんが今回は涼しくなるような怖い作品としてアンリ・ルソーの「蛇使いの女」を紹介します。

アンリ・ルソー  蛇使いの女

  ルソーといえば浮遊感があるほのぼのとした作風(後世の人間の解釈であって、本人は誰かを和ますために描いたわけではないかもしれませんが)ですが、一方で怖い作品も描くようです。

  眼光の鋭い女性に背筋が凍る気分になる作品です。同時に漆黒の黒薩摩のような美しさに惹かれ、この美しい女性についていきたい気分にもなります。数ある怖い絵画の中からこの作品を選んだのは、怖くも美しい裸婦に魅かれるからです。

 この作品からは大蛇の召喚するような笛の音が聴こえますが、不協和音に満ちた禍々しさを感じます。それは昼と夜が混ざり合い怪奇が起こるトワイライトゾーンを連想するような空を描いているからかもしれません。
 それにしても、この作品はいつどこの展覧会で見たのか思い出せないのが残念です。。。。。。 
スポンサーサイト



Comment

[736] こんばんは。

2010年に国立新美術館で開かれた、『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』に出展されていました。
幻想的な雰囲気があり、ルソーの中でも傑作だと思います。

[737] Re: こんばんは。

おはようございます。
オルセー美術館の展覧会だろうと思っては
いたのですが、よく開催されるのでいつのか
特定できずもやもやしてました。御教示いただき
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://5dama2.blog96.fc2.com/tb.php/965-f96dc4ba

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (217)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (11)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (6)
ロシア (9)
日本人画家 (156)
江戸 (18)
浮世絵 (35)
明治~昭和 (36)
現在美術 (14)
現代美術(洋画) (38)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (290)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (4)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (9)
江東 (15)
渋谷 (12)
品川 (3)
新宿 (9)
杉並 (9)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (15)
千代田 (17)
豊島 (20)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (11)
神奈川 (10)
千葉 (19)
埼玉 (4)
その他地域 (2)
名所・旧跡 (27)
庭園・公園 (5)
建物 (7)
博物館 (6)
動物園・水族館 (9)