太宗寺と周辺のお寺

 9月1日は新宿と中野にあるお寺をお参りしました。ちなみ この記事は2012年11月の記事を再編集したものです。
 (大きい画像は2012年、小さい画像が9月1日です)

IMG_0686.jpg IMG_0687.jpg
 
 左の画像は成覚寺にある近くを流れていた玉川上水で入水した人たちを弔う旭地蔵です。このお寺は三ノ輪の浄閑寺と同様投げ込み寺といわれます。新宿は江戸時代から歓楽街でした。
 右は正受院。奪衣婆像が有名です。太宗寺にある太宗寺も有名ですがこちらはお参りしやすいです。

今回のメインである太宗寺は先ほどのお寺の裏手にあります。

境内1

 学校のグランドのような境内です。ビルに囲まれて晴れていてもどこか鬱蒼とした地域ですが境内は空が広いです。

IMG_0690.jpg IMG_0691.jpg

 左は三日月不動尊がいらっしゃるお堂です。おでこに三日月をあしらったお不動様です。
 右は閻魔堂。このお寺は江戸3大閻魔の一つとして有名です。

境内3

  太宗寺は都内で一番大きい閻魔さまの像があることで有名です。年に一回御開帳されますが、ガラス越しにお姿を見ることもできます。閻魔さまのお隣には奪衣婆もいらっしゃりますが、撮影は極めて難しいです。

 新宿は江戸時代から歓楽街です。奪衣婆は亡者の服をもぎ取るので、遊女達の信仰が篤かったそうです。ちなみにこのお寺は新宿2丁目にあり、歌舞伎町も至近距離。有名な歓楽街にはには霊験あらかたな寺社があるようです。

境内4

 東京の民間信仰、塩地蔵様です。御利益は西新井大師同様、いぼ取りです。
 富士塚ほどには話題になりませんがこの民間信仰も続いてほしいものです。

境内2

 江戸6地蔵様です。今回このお寺をお参りした理由は、これにより現存する江戸6地蔵さまの御朱印が揃うからです。
 今年は江戸6地蔵の一つ巣鴨の真性寺のお地蔵さまは開眼300年というメモリアルイヤー。この年に江戸6地蔵をお参りすると御利益がありそうな気がしてます。
 
朱印 IMG_0697.jpg

 御朱印です。
 左は閻魔様、右が江戸6地蔵です。このお寺は新宿山之手七福神と御本尊の御朱印を頂くこともできます。
 
 このブログで紹介している他のお地蔵さまの記事も合わせてどうぞ!!
品川寺
浄名院
真性寺
東禅寺
 
 かつて江東区の深川不動尊近くにある永代寺にもお地蔵さまがあったそうです。このお寺の御朱印を頂いたことはありませんが、お参りしたことなら過去数回あるので、、、、江戸6地蔵は暫定的に結願ということにします。

荘厳寺 渋谷区本町

 おはようございます。これから世田谷美術館の展覧会に行ってきます。昨日は国立新美術館でマネの作品を見ました。
これらのことは順次紹介していきます。
 さて、27日は初台にある東京オペラシティーアートギャラリーで開催中の「絵画の在りか」という現在作家の展覧会に行きました。このブログでも紹介したことがある工藤麻紀子の作品(こちら)が目当てで、3点展示されていました。

 その後この美術館の裏手にある荘厳寺(幡ヶ谷不動尊)をお参りしました。

P1010976.jpg

 このお寺は以前よりお参りしたいと思っていました。実家に行く道中にあるお寺ですがいつでも行けると思うと案外行かないものです。甲州街道沿いにあり江戸近郷の三不動(成田山、高幡山)の一つとして江戸時代は大変なにぎわいがあったそうです。

P1010975.jpg P1010982.jpg

 渋谷区というと渋谷・表参道とおしゃれなイメージですが、山手線の外にある地域、このお寺周辺の中野区よりは昭和の面影を場所で懐かしさを感じます。
 右は狛犬様。お寺に狛犬様がいる・いないは宗派による違いか?ただ単に神仏習合の名残か?多分後者が正解かもしれませんがどうでしょう?

P1010979.jpg

 本堂です。木造建築は雨の日はしっとりとした風情があるので、晴れた日とはちがった風情があります。

P1010981.jpg P1010977.jpg

 このお寺に隣町は新宿です。境内からは高層ビルの東京オペラシティーが見えますが静かです。春と秋は美しい風景が見れそうな境内です。

IMG_0671.jpg

 御朱印です。「不動明王」、「弘法大師」、「薬師如来」と3尊が書かれた、御利益が特にありそうな有難い御朱印です。
 ではよい週末を!!

鳩森八幡神社 渋谷区千駄ヶ谷

 ゴールデンウィークも後半です・今日は都立美術館の「バルテュス展」 、増上寺で開催中の「漫画家による仏の世界展」を見た後、品川神社・品川寺をお参りしました。これらのことは次回以降順次紹介していきます。

 さて、4月のある日仕事で千駄ヶ谷に行きました。千駄ヶ谷といえば都内最古の富士塚(最大は品川神社)で有名な鳩森神社があります。

IMG_0489.jpg

 この参道の右側に富士塚があります。

IMG_0483.jpg IMG_0484.jpg

 この日は4月11日。八重桜が満開でした。鳥居の右側はしだれ桜も満開でした。
 6月は富士五湖を模した池に咲く菖蒲と富士塚の取り合わせも見事です。

IMG_0486.jpg

 山頂から見た社殿です。実家にいたころ月に2~3回ほどは近くの都営のプールに通ってました。泳ぎ終わった後は境内で小休止したものです。

IMG_0492.jpg

 子犬のような狛犬様がお出迎えをしてくれます。

鳩森神社 御朱印2

 この神社の富士塚の特徴は、いつでも登れてしかも登山記念の御朱印を頂けることです。

鳩森神社 御朱印1

 八幡神社は数多いですが、八幡様の使いである鳩を冠しているので特別な感じがします。
 この神社は国立競技場がすぐ近くにあります。オリンピックに向けた工事も始まるので落ち着いた雰囲気を味わうなら今しかないです。

このブログで紹介している富士塚がある寺社もご覧ください!!
駒込富士神社、奉納された石碑がカラフルです(こちら
池袋氷川神社、オーソドックスな富士塚です(こちら
白山神社、アジサイの季節は登頂できます(こちら
護国寺、富士塚があるお寺は珍しいです(こちら
柳森神社、秋葉原の近くにあります(こちら
花園神社、歌舞伎町の近くにあります(こちら

善國寺2

 先週は神楽坂にある善國寺の御首題と朝の風景を紹介しました。
 神楽坂は花街の面影を残す街なので、夜の方が風情があります。そこで今回は善國寺の夜の風景です。

IMG_0358.jpg

 山門です。時刻は19:00頃です。本堂をお参りすることができました。坂道に面しており、自分が斜めっているのでまっすぐ写すのが案外難しいです。

IMG_0351.jpg

 夜の狛虎様です。
IMG_0350.jpg

 虎は元々夜行性の動物のせいか、朝より精悍に見えます。

IMG_0349.jpg

 朱色は夜灯りに照らされると艶やかさを増すと思います。このお寺の周辺の路地が花街の面影を残しています。

善国寺

 神楽坂は毘沙門天を祀るお寺でもあるので御朱印はご覧のとおりです。
 オリンピックを控え、東京の街並みも変わると思います。外国人観光客も増えると思いますが、外人に受けるのは風情ある街並みです。神楽坂に限らず古き良き東京の面影がある街並み残ってほしいものです。

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (197)
アメリカ (15)
イギリス (25)
イタリア・スペイン (14)
オランダ (26)
スイス・ドイツ・オーストリア (27)
フランス (47)
ベルギー (29)
ロシア・その他西欧 (14)
日本人画家 (148)
江戸 (46)
明治~昭和 (37)
現代 (65)
寺社巡り (225)
江東 (14)
台東 (24)
中央 (10)
千代田 (14)
豊島 (18)
港 (18)
文京 (27)
足立・葛飾・江戸川 (3)
墨田・荒川 (8)
板橋・北・練馬 (14)
渋谷・新宿・中野 (13)
世田谷・杉並 (17)
目黒・品川・大田 (7)
東京多摩地域 (10)
神奈川・その他東日本 (18)
京都奈良・その他西日本 (10)
名所・旧跡 (20)