FC2ブログ

ゴッホ「魁(溪斎英泉による)」と溪斎英泉「雲龍打掛の花魁」


12月16日に東京都美術館で開催中の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に行きました。
この展覧会はゴッホと浮世絵との関りをテーマにした展覧会で、ゴッホの作品と影響を受けた浮世絵が展示されていました。
そこで、今回はゴッホの「魁(溪斎英泉による)」と溪斎英泉の「雲龍打掛の花魁」を紹介します。

20170121612815c36.jpg

 数ある作品のなかでこの作品を紹介する理由は、アムステルダムにあるゴッホの美術館で見たことがあることから思い出深く、14年ぶりの再会になるからです。
 ゴッホならではの鮮やかな黄色が魅力的です。美術館で見る浮世絵は色あせてますが本来は極彩色で鮮やかものです。鳥、蛙、楽しく舟遊びをする人々も描かれている生命への賛歌を感じる作品です。

2016年05月04日20時10分50秒0001

 溪斎英泉の「雲龍打掛の花魁」です。この作品は千葉市立美術館が所蔵しております。
 花魁のS字カーブとうねる龍の調和がかっこいい作品です。
 葛飾応為が主人公の漫画、「百日紅」では溪斎英泉は女好きな人物として描かれていますが、実際女郎部屋を経営していたそうです。だからこそS字カーブがかっこいい作品を描けたといえます。

ゴッホ ルーラン夫妻の肖像画

 都立美術館で開催されている「ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション」の目玉は、ゴッホのルーラン夫妻の肖像画が2点同時に展示されていることです。

2017年08月13日22時06分05秒0004

2017年08月13日22時06分05秒0001

 上段は「郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン」下段は「子守唄、ゆりかごを揺らす オーギュスティーヌ・ルーラン夫人」です。

 ルーラン夫妻はゴッホのモデルとなってくれる数少ない友人です。この夫妻と子供達を描いた作品はほかにも数多くあるそうです。 おそらく、ゴッホは一言でいえば面倒くさい人で、ましてや心を病んだしまったので、周りから人が離れていったに違いないです。そんなゴッホを優しく見守っていたこの夫妻の心の広さを感じる肖像画です。

 人は一人では生きていけません。ちょうど一年前から上司との人間関係がこじれましたが、一方で社内に支えてくれる人もいまsた。また辛かった時期は家族の支えもありました。
 ゴッホを優しく見守っていた夫妻の肖像画は一人では生きていけないことを強く語りかけてくれます。この展覧会で一番心にしみた作品でした。 

ゴッホ 歩きはじめ ミレーに拠る

 息子の3歳の誕生日が近づいてます。3年間は大人になるとただ何となく過ぎますが、幼児の場合目まぐるしい成長を遂げますね。 そこで今回紹介する作品は、幼児の目まぐるしい成長とその喜びを描いたゴッホの「歩きはじめ ミレーに拠る」です。

歩きはじめ ミレーに拠る

 この作品は2012年に東京都美術館で開催された「メトロポリタン美術館展」で見ました。
 萌え出る色彩が印象的で、歩きだした赤ちゃんの成長を祝福するようです。ゴッホの作品は時に人生の厳しさを伝える作品がりありますが、この作品は生きる喜びを感じます。

 これはミレーの作品を模写したものです。高校生の頃、現代社会か倫理の教科書の挿絵としてミレーの同作品が使われていました。思春期は同時に反抗期のピーク。お前たちはこの絵のように両親の愛情を受けて育ったのだから親に反抗するなということを諭すためでしょう。
 
 このブログでは、他にも次の作品を紹介しています。よろしければどうぞ!!
ひまわり
星降る夜
夜のカフェテラス
糸杉

ピーテル・デ・ホーホ 中庭の女性と子供

 夕方に文京区界隈の寺社をお参りする日々が続きました。そこで今回は「 中庭の女性と子供」を紹介します。

20150640181644c72.jpg

 夕方は帰宅する親子の姿をよく見て、安どの空気が感じました。
 保育園や学童保育かた帰宅する親子、夕飯の買い物帰りの親子、帰宅する親子には安どを感じます。 さらに仕事が終わって帰宅するサラリーマン・OLの姿にも安堵感があります。

 その景色はまさに今回紹介するこの作品のようです。 このブログで紹介している他の作品もどうぞ!

デルフトの中庭(ロンドンのナショナルギャラリーが所蔵している作品)
デルフトの中庭
食糧貯蔵庫の女と子供
 

«  | HOME |  »

プロフィール

だまけん

Author:だまけん
当ブログへようこそ!
当ブログではお勧めのアート、御朱印の情報を発信します。


最新記事


最新コメント


リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック


検索フォーム


カテゴリ

未分類 (0)
外国人画家 (220)
アメリカ (17)
イギリス (27)
イタリア (12)
オランダ (28)
オーストリア (7)
スイス (15)
スペイン (4)
ドイツ (8)
東欧 (6)
フランス (52)
ベルギー (27)
北欧 (7)
ロシア (10)
日本人画家 (160)
江戸 (19)
浮世絵 (37)
明治~昭和 (35)
現在美術 (15)
現代美術(洋画) (39)
現在美術(日本画) (15)
寺社巡り (315)
足立 (1)
荒川 (5)
板橋 (8)
江戸川 (1)
大田 (2)
葛飾 (4)
北 (11)
江東 (16)
渋谷 (12)
品川 (5)
新宿 (9)
杉並 (11)
墨田 (5)
世田谷 (8)
台東 (34)
中央 (17)
千代田 (17)
豊島 (21)
中野 (1)
練馬 (9)
文京 (33)
港 (25)
目黒 (3)
東京多摩地域 (13)
神奈川 (10)
千葉 (24)
埼玉 (7)
その他地域 (3)
名所・旧跡 (31)
庭園・公園 (5)
建物 (9)
博物館 (6)
動物園・水族館 (11)